ブログ

ニュース画像

2020.07.07

自宅でアートを見て購入ができるARギャラリー「All Show」

AR

今日、コロナウイルスの流行により様々な展示会やイベントの開催が困難になるなど、大きな影響がもたらされています。そんな中、ARやVRを活用したバーチャルの展示会に新たな時代の可能性が見出されています。

今回ご紹介するのは、ニューヨークを拠点に活動するデザイナー、セバスチャン・エラズリズ氏によるARギャラリー「All Show」です。

バイヤーに作品を見てもらうことができるオンラインアート展示会

ニューヨークを拠点に活動するデザイナー、セバスチャン・エラズリズ氏による「All Show」は、アートギャラリーの閉鎖中にも、アーティストやデザイナーが自分たちの作品を公開し、バイヤーに作品を見てもらうことができるオンラインアート展示会です。既存のオンラインギャラリーとは異なり、All ShowはwebARをサポートしており、コレクターは各作品の3Dモデルにアクセスし、現実世界の環境に配置することができます。

操作方法も簡単で、iOSまたはAndroidデバイスからAllShow.ioにアクセスし、サンプルしたいアート作品を選択、プレビュー画像の右下にある 「See in AR」オプションをタップするだけで、ARで作品を見ることができます。

業界を大きく変化させる拡張現実

実際、AR技術はすでに現代アートの世界で大きな役割を果たし始めており、アート作品の鑑賞方法だけでなく、制作方法においても大きな役割を果たしているといいます。

建築・デザイン雑誌Dezeenでは、AR技術と現代アートとの関係についての次のような見解が述べられています。

「拡張現実は、デジタルプラットフォームが音楽業界全体やニュースメディア業界、映画業界を変化させたのと同じように、アートやデザインの世界を大きく変化させるだろう」

これまでのビジネスモデルを見直すことの重要性

コロナウイルスによるロックダウンで、人々は、自宅では不可能と言われていたことの多くが、実際に置いては可能であるということを実感しました。

現代のARやVR技術は、多くの対面式のアクティビティやイベントの効果的な代替手段であることが証明されています。今こそ、これらの業界が現状を見直し、没入型技術を活用した改善方法を見極める絶好の機会なのかもしれません。

参照元:AR Gallery Lets Collectors Sample & Purchase Art From Home During Pandemic

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

flow

flow

オンライン・バーチャル展示会の
導入までの流れ

既存顧客やターゲッティングした
見込み客の集客や、
情報を探しに来た
ユーザーとの偶然の出会いも、
訪れたユーザーに正確に情報を
伝えるブースなど、
あらゆる要素を
オンラインで再現します。

フローを見る

フローを見る

flow

よくある質問

お客様から頂く、
VRコンテンツ制作・撮影・
開発・パッケージについて、
よくある質問とご回答をまとめました。

よくある質問を見る

認定パートナー

DX EXhibitionでは、多様なニーズを実現するために、
認定パートナーを設けております。
また、販売代理店・パートナーも募集しております。
オンライン・バーチャル展示会を販売していきたいと
お考えの方はお問い合わせください。

JPC ジャパンプランニングセンター
XR ENTERTAINMENT

企業情報

DX EXhibitionは、株式会社アイデアクラウドが開発。
業務提携を行うことで、ワンストップで、滞り無いオンライン・バーチャル展示会の提供可能です。
アイデアクラウドでは、AI・AR・VR・MRの先端事業をはじめとして、多数の制作・開発実績がございます。

株式会社アイデアクラウドでは、オンライン・バーチャル展示会の普及・促進し、より良いものとするため、
日本オンラインバーチャルイベント展示会協会(略称JOVEA)を立ち上げ加入しております。

お問い合わせ

フォームに必要事項をご入力の上、
「送信する」ボタンを押してください。
担当者より、回答・返信させていただきます。

お名前

ふりがな
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算

お問い合わせ内容

お気軽にご相談ください