ブログ

ニュース画像

2021.01.01

SensoriumとMubertがバーチャルリアリティコンサート向けにAI駆動のバーチャルDJを開発!

SensoriumはMubertと提携し、仮想現実の中でバーチャルコンサートで音楽を作成するAI駆動のバーチャルDJを開発したといいます。

あらゆる環境に適応して変化する音楽の流れを作り出すバーチャルDJ

ロサンゼルスに拠点を置くSensoriumは、コンサート会場の仮想体験を提供することで知られています。同社は、本物の人間のように見えるフォトリアリスティックなアバター、つまりバーチャルキャラクターを作成しています。今回のバーチャルDJは、自律的に、あらゆる環境に適応して変化する音楽の流れを作り出すものです。

Sensoriumは、このミッションのために1億ドル以上の資金を調達しており、バーチャルアーティストの多様なシリーズを制作するといいます。これらのすべてのデジタルキャラクターのアルゴリズムは、彼らの行動を駆動し、環境からのデータを吸収して、常に知識を育み、音楽スタイルを進化させることを可能にするとのことです。

また、Mubertのテクノロジーにより、これらのバーチャルパフォーマーは、膨大なサンプルのデータベースに基づいてリアルタイムで人工的に生成された音楽を作成することができるようになるといいます。ヒップホップやEDMからK-popやインディーロックまで、60以上のジャンルの音楽に対応するとのことです。

AIとVRで実際のイベントでは得られない体験を提供

Sensorium GalaxyのプロダクトヘッドのIvan Nikitin氏は、AIとVRを組み合わせることでバーチャルの可能性を広げることができると語っています。

バーチャルDJは、David Guetta、Armin van Buuren、Carl Cox、Dimitri Vegas & Like Mikeなどの有名アーティストとともに、Sensorium Galaxyでショーを主催するとのことです。Sensorium Galaxyは、人々がお互いに対話し、芸術を体験する方法を作り変えることを目的としたマルチユーザー・ソーシャルVRプラットフォームです。

Sensoriumは、最終的には、NPCと呼ばれるAIキャラクターや非プレイヤーキャラクターと自由に会話ができる世界を作りたいと考えているといいます。

Nikitin氏は次のように述べています。「私たちはVRツールを使い、実際のイベントでは得られない体験を観客に与えようとしています。」

参照元:Sensorium and Mubert develop AI-driven DJs for virtual reality concerts

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

flow

flow

オンライン・バーチャル展示会の
導入までの流れ

既存顧客やターゲッティングした
見込み客の集客や、
情報を探しに来た
ユーザーとの偶然の出会いも、
訪れたユーザーに正確に情報を
伝えるブースなど、
あらゆる要素を
オンラインで再現します。

フローを見る

フローを見る

flow

よくある質問

お客様から頂く、
VRコンテンツ制作・撮影・
開発・パッケージについて、
よくある質問とご回答をまとめました。

よくある質問を見る

認定パートナー

DX EXhibitionでは、多様なニーズを実現するために、
認定パートナーを設けております。
また、販売代理店・パートナーも募集しております。
オンライン・バーチャル展示会を販売していきたいと
お考えの方はお問い合わせください。

JPC ジャパンプランニングセンター
XR ENTERTAINMENT
三浦印刷株式会社

企業情報

DX EXhibitionは、株式会社アイデアクラウドが開発。
業務提携を行うことで、ワンストップで、滞り無いオンライン・バーチャル展示会の提供可能です。
アイデアクラウドでは、AI・AR・VR・MRの先端事業をはじめとして、多数の制作・開発実績がございます。

株式会社アイデアクラウドでは、オンライン・バーチャル展示会の普及・促進し、より良いものとするため、
日本オンラインバーチャルイベント展示会協会(略称JOVEA)を立ち上げ加入しております。

お問い合わせ

フォームに必要事項をご入力の上、
「送信する」ボタンを押してください。
担当者より、回答・返信させていただきます。

お名前

ふりがな
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算

お問い合わせ内容