ブログ

ニュース画像

2020.11.12

DX EXhibitionがオンライン展示会に参加する!
〜第二弾 バーチャル・オンライン展示会 こうなったらもっと便利!事前準備・申し込み編〜

今回は、実際に当社アイデアクラウドが、オンライン展示会に参加したレポートのシリーズ掲載第二弾をお送りいたします!

前回の記事はこちら↓
DX EXhibitionがオンライン展示会に参加する!
〜第一弾 デジタルコンテンツEXPO 2020 ONLINEに出展した理由〜

さて、いよいよオンライン展示会の予告ページがオープンされ、着々と準備が進んでおります!

今回は申し込みから出展準備をしていった上で、「オンライン展示会の申し込みや準備こうなったらもっと便利!」というポイントをご紹介します。

目次

・申し込み時のこうなったらもっと便利!
 ー申請から決済までもオンラインだとスピーディー
 ーPR動画や実際のデモが見れると嬉しい
 ー本当に人が集まるのか!? WEBでの集客などリリースの展開スケジュールがあると嬉しい

・出展準備時のこうなったらもっと便利!
 ーマニュアルやFAQがオンライン上にあると便利
 ー出展者向けのサイトがあるといい

申し込み時のこうなったらもっと便利!

申請から決済までもオンラインだと便利

出展申し込みが手書き書類だったりと、意外とアナログの手続きはまだ多い印象。

まだ始まったばかりのオンライン展示会の仕組みだからこそ、システムの整備がこれからだと思いますが、ここがスムーズにオンラインで可能になると時間も短縮できて、出展者にとっても好印象です!特にコロナによって弊社の場合はリモートワークを推奨しているため、印鑑などは基本会社にあり、誰かが出勤しないと手続きができないことがあり、ここはぜひ弊社が出展する際も気をつけていきたいポイントです。

今回出展させていただいたデジタルコンテンツEXPOさんも弊社がリモートワークということで郵送ではなくメールにて対応いただいたりとレスポンスが早く、柔軟に対応いただき本当に助かりました!

PR動画や実際のデモが見れると嬉しい!

どのようにWEBに展示されるのか、画像のみの説明ではなく、実際にデモシステムの操作などができると、イメージがつきやすく魅力的かもしれません。今回はまだオンライン展示会サイトが完成前ということで、企画書に掲載されていた参考デザインを見てイメージを膨らませていったのですが、WEBデザインをA4のサイズに落としてしまうととても小さく文字が潰れてしまい、一体ここはどこに繋がる同線なのかと気になつポイントもいくつが出てきました。

弊社の場合、すでに出展することは決定していたので、企画書だけで出展を決定しましたが、もしかしたら、デモサイトなどが事前にあるとより多くの出展希望社が集まるのではないか…と、ここもアイデアが浮かポイントでした!

やはり、多くの出展企業を集めたいとなる場合、しっかりした企画書と実際の展示イメージは、具体的な方が出展決定の決済スピードがアップするのではないかと思います。

本当に人が集まるのか!? WEBでの集客などリリースの展開スケジュールがあると嬉しい!

人が足を運ぶ展示会なら、ある程度の売り上げ効果などが予測できますが、オンラインは初めて出展するケースも多いのではないでしょうか?

このタイミングで、
・PRtimesや各種サイトにリリースを出す
・WEB広告を出す
など、集客のスケジュールの案内があると安心かもしれません!

また、来年度からはオンライン展示会の実績が出てくるため、昨年の実績など、説得材料を掲載できると尚良いでしょう。

出展準備時のこうなったらもっと便利!

マニュアルやFAQがオンライン上にあると便利

今回の参加させていただく展示会では、詳細なパワーポイント資料があったことと、WEB動画での説明があり、かなり準備がスムーズに行えました。

そのようなパワーポイント資料の共有を簡単に行うためにも、すべてのマニュアルがオンライン上で見られる仕組みがあれば、より便利かもしれません。弊社の場合パワーポイントをドロップボックス上に入れて、各作業者がアクセスできるように設定したのですが、欲を言えばマニュアルとFAQページなどはサイト上にあると便利だなと思いました。

パワーポイントの資料ですと、該当ページを探すまでに毎回時間がかかってしまい、検索で気になる部分だけ探せるとかなり便利ですね!ここはDX EXhibitionも現在マニュアルはPDFで展開しているため追加サービスとして検討していきたいです。

出展者向けのサイトがあるといい!

全体のスケジュールがいつでもどこでも見れる環境や、プレビュー機能がついた編集機能など、将来はそんな高機能な出展者用のサイトがあると嬉しいですね!
今回デジタルコンテンツEXPOさんはワードプレスで入稿作業ができたためプレビューが随時確認できました!
やはり実際の目でどんな風にWEB展示がされるのかリアルタイムで見れるのはとても助かりました。ただワードプレス自体がテジタル系の企業に属していない人にとっては、かなり難しいシステムですので、そこは出展者向けサイトなどがあると便利だと思いました!

上記の改善アイデアを受けて、アイデアクラウドではユーザービリティが高いCMSを開発中です!11月中にはリリースができる予定です。
今回の出展経験を経て、CMSだけでなくさまざまな新しいサービスの導入を検討しております!ぜひご期待ください。

これからも当社では、主催者のみならず、出展者・参加者目線を大切にした、よりよいバーチャル・オンライン展示会を開発していきます。

次回は「デジタルコンテンツEXPOオンライン展示会 入稿・コンテンツ準備編」をお届けします!

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

flow

flow

オンライン・バーチャル展示会の
導入までの流れ

既存顧客やターゲッティングした
見込み客の集客や、
情報を探しに来た
ユーザーとの偶然の出会いも、
訪れたユーザーに正確に情報を
伝えるブースなど、
あらゆる要素を
オンラインで再現します。

フローを見る

フローを見る

flow

よくある質問

お客様から頂く、
VRコンテンツ制作・撮影・
開発・パッケージについて、
よくある質問とご回答をまとめました。

よくある質問を見る

認定パートナー

DX EXhibitionでは、多様なニーズを実現するために、
認定パートナーを設けております。
また、販売代理店・パートナーも募集しております。
オンライン・バーチャル展示会を販売していきたいと
お考えの方はお問い合わせください。

JPC ジャパンプランニングセンター
XR ENTERTAINMENT
三浦印刷株式会社

企業情報

DX EXhibitionは、株式会社アイデアクラウドが開発。
業務提携を行うことで、ワンストップで、滞り無いオンライン・バーチャル展示会の提供可能です。
アイデアクラウドでは、AI・AR・VR・MRの先端事業をはじめとして、多数の制作・開発実績がございます。

株式会社アイデアクラウドでは、オンライン・バーチャル展示会の普及・促進し、より良いものとするため、
日本オンラインバーチャルイベント展示会協会(略称JOVEA)を立ち上げ加入しております。

お問い合わせ

フォームに必要事項をご入力の上、
「送信する」ボタンを押してください。
担当者より、回答・返信させていただきます。

お名前

ふりがな
貴社名
メールアドレス
電話番号
ご予算

お問い合わせ内容